ホーム不用品処分 ≫ 使ってない布団をどうにかする3つの方法

使ってない布団をどうにかする3つの方法


我が家には使ってない布団がたくさんあって、押し入れを占領しています。
これがなくなったら、かなりスッキリするのに。
前々から、そう思っていたんですが、なかなか実行には移せずにいました。

今日は、それをどうにかする方法を3つ見つけました。

☆ランキングに参加中です。
おひとつ押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 
応援、ありがとうございます。

1)清掃センターなどに、粗大ごみとして持ち込む
2)バラして可燃ごみの日に出す
3)布団の打ち直しをする
順に説明します。

1)清掃センターなどに、粗大ごみとして持ち込む
自治体によって差はあるでしょうが、いくらか料金を払うことになります。
有料で収集してくれるところもあるでしょう。
ちなみに、よしのが住んでる自治体では、10kgまでが170円で、10kg増えるごとにプラス170円加算されます。
有料収集の場合は、プラス1020円です。
各自治体のホームページで調べることができます。

2)バラして可燃ごみの日に出す
かかる費用は、有料指定袋の代金のみで一番安いですが、バラすのにかかる労力を考えたら、あまりやりたくないですね。
ホコリがたくさん出そうですが、体力と場所があるならやってみてもいいかもしれません。

3)布団の打ち直しをする
布団屋さんに頼んで、綿を再生してもらい、新しい布団みたいに生まれかわります。
店によって多少の差はありますが、シングルだと10000円前後でできるみたいです。
費用はかかりますが、ゴミにしなくていいのでエコですね。

よしのは、3番目の“布団を打ち直す”をやってみたいです。
でも費用がかかるので、ボーナスがでてからですかね。

打ち直しをしたら、布団がふかふかになってよけいに場所をとるかもしれませんが、お客様用にするので良いことにします。
お客様と言ってもこの方です。
↓ ↓ ↓
捨てられない女よしのの姉は、やはり捨てられない女でした

よしのが嫌だったのは、使わないもの(この場合は、古くなって誰も使わない布団)が場所を取っていることなので。
生まれ変わって使い道のあるものなら、良いのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル