ホーム捨てました ≫ 押し入れ・天袋を断捨離中に、決めた2つのルールとは?

押し入れ・天袋を断捨離中に、決めた2つのルールとは?



今日は可燃ゴミの日なので、バッグを10個捨てました
多分、白い影さん(よしのの母)のものだと思いますが、無断で。

☆ランキングに参加中です。
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 
応援、ありがとうございます。

白い影さんってこんな人です。
↓ ↓ ↓
大人気!?白い影さんが登場する記事をまとめてみました 

こんまりさんの本に、“人の物を勝手に捨ててはいけない”と書いてありました。
ですが、母がこれらのバッグを使っているのを一度も見たことがありません。
聞いたら、たぶん捨てないでしょう。

親の物を勝手に捨てるなんて、ひどい娘だと思いますが、本人も忘れているようなものは、捨ててもいいんじゃないでしょうか。

これらのバッグは、段ボール箱に入れられて、天袋に押し込んでありました。

先日は押し入れを片付けて、8箱分の不用品を処分しました。
↓ ↓ ↓
段ボール箱8個分の不用品を一気に断捨離した方法とは?

ですが天袋は、まだ手をつけていませんでした。
昨日出したジャングルジムが天袋にしまってあって、そのついでにバッグが入った段ボール箱をみつけたのです。

押し入れもそうですが、天袋は不用品のたまり場です。
押し入れ・天袋を不用品置き場にするのは、もうやめようと思います。

そこで、ルールを決めました。
簡単に、継続できるように、たった2つのルールです。

1)季節のものなど、毎年必ず使うものをしまうようにする
押し入れ・天袋は不用品置き場ではないのです。
使わないものは、処分する。
シンプルです。

2)収納スペースに余裕をもたせる
スペースいっぱい、ギュウギュウに詰めると必要なものが取り出しにくいです。
そして、空間を少し空けておくと、部屋に散らかったものの緊急避難場所になります。
これで、急な来客にも対応できると思います。

日常的な部屋の片付けは苦手ですが、こういうのは割と好きです。
だから、いつまでも部屋が散らかったままなのでしょうね。

押し入れがスッキリしたら、収納しきれずに部屋にあふれていたものが片付けられると期待しつつ、断捨離を続けます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル