ホーム子供のこと ≫ 保育園落ちた!でも大事なことに気づけた

保育園落ちた!でも大事なことに気づけた


hoikujo_taikijidou.png

金曜日の夜のことです。
私の携帯電話に、見知らぬ番号からの着信が。
普段は知らない番号からの電話には出ないのですが、市内からだったので出てみました。

すると、電話は市役所からでした。

☆ランキングに参加中です☆
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
応援ありがとうございます♪

電話の向こうの男性職員は、すごく申し訳なさそうに、末っ子が保育園の審査に通らなかったことを伝えてきました。
そして、市内の幼稚園の空きがまだあるようなので、問い合わせをしてみるように言ってきました。

電話越しの声を聞きながら、軽くショックを受けながらも、どこか冷静な自分もいました。

やっぱりね、そんな気がしていたんだ。

現在求職中ではありますが、子供の預け先が決まっていなければ、採用してくれる会社など無いでしょう。
実質無職で就職活動もできずにいるのですから、保育園のルールからすれば落とされて当然といえば当然です。

上の子供たちは3人とも保育園に通っていたので、末っ子もそこに通うのだと思っていたのに。

あーあ。

でも、よくよく考えてみると、この保育園に通わせたかった理由が「近いから」「安いから」。

上の子供達の時も、こんな理由でその保育園に通わせたくて、審査に通るために働き始めたのでした。

以前は入園してから働きだしても大丈夫だったのが、今年はたまたま定員以上の応募があったため、無職の私は落とされた。

そういうことですね。

ごめんなさいね、世間にもっと深刻な状況のお母さんもいるでしょう。
思わず、2016年の流行語を叫んでしまうほどに。

翌日、幼稚園に電話をかけるとやさしそうな園長先生が出てこられ、まだ空きがあるということでしたので、その日のうちにお話を聞きに行きました。

入園案内の資料を前に、ひと通り説明を聞いた後に、園内を案内していただきました。

保育園よりも設備が整っていて、先生方も皆さん感じが良い。
末っ子も楽しそうに遊んでもらっている。
家に帰ってからも、
「きょう、たのしかったね♪」
と、何度も言う末っ子を見るとホッとした。
保育料は少し高いけど、ここに決めようかな。

実は私、なぜか幼稚園に対して変な先入観を持っていました。

でも、取り越し苦労ですね。

幼稚園に行ってみる、問い合わせしてみるという、簡単な事をしてこなかった。
慣れた保育園に通わせたかった。

ただ自分が面倒くさかっただけなんだなと、反省しています。

40も半ばにさしかかりながら、自分から行動を起こすことに躊躇してしまう癖を直したい。

この歳になって、引っ込み思案ももったいないですよね。
もう確実に人生を折り返した私は、時間を有効に使うことを考えなければ。

はじまりはちょっと無理やりな感じでしたが、自分が少し変わるだけで環境も変わっていくんだなと気づけた1日でした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル