ホーム健康 ≫ いずれ来る閉経にむけて、心の準備中

いずれ来る閉経にむけて、心の準備中


先日の記事(40代の月経不順は更年期の始まりか?)で触れた閉経について、少し掘り下げてみました。

私も40代半ばにさしかかり、他人事とは言えませんね。
その時が来て慌てないように、心の準備をしておきたいものです。

では、閉経までにはどのような症状があるのでしょうか?

☆ランキングに参加中です☆
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
応援ありがとうございます♪

一般的に、以下のような経過をたどり閉経を迎える方が多いようです。

・30代頃から卵巣の機能が低下しはじめ、40代の前半になると月経の周期が短くなってくる。(正常な月経周期は25~38日周期)

・40代後半頃には逆に月経の周期が次第に長くなり、数か月に一度しか月経が来なくなる。

・50歳前後に1年以上月経が来なくなり、閉経を迎える。

また、閉経の前後は月経かどうか判断がつかない出血が見られることが多くなります。
そんな月経の周期が乱れ始めるこの時期に、注意したいのが不正出血です。

不正出血は、子宮や卵巣がんの可能性があります。
月経の間隔が長くあいている時に不正出血があった場合は、念のため婦人科を受診した方がよいでしょう。

日ごろから月経が来た日や出血の量、基礎体温などを記録しておき、受診の際はこれらをまとめたものを持って行くと、
異常かどうかの早期発見につながりやすくなります。

では、基礎体温更年期にどのような変化していくのでしょう?

・更年期に入ると(早い場合は40代からその兆候が現れる)、次第に高温期と低温期の高低差が縮まってくる。

・完全に閉経すると高温期がなくなり、低温期のみとなる。

40代になり月経周期が不安定になってきたなら、自分が更年期を迎えているか、女性ホルモンの分泌が低下していないかを知るために、基礎体温をつけてみることをおすすめします。

日ごろから月経の周期や経血の量などを記録しておくことで、体の変化を知るための指標にできます。

もしも、体の変化が不安なときは、迷わず婦人科を受診。
そして、1年おきに子宮がん検査を受けておくと、なお安心ですね。

☆ランキングに参加中です☆
更新の励みになります(〃'▽'〃)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
応援ありがとうございます♪

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル