ホーム寄付 ≫ 文房具の断捨離を、円満に解決する方法を実践してみました

文房具の断捨離を、円満に解決する方法を実践してみました


以前、文房具断捨離を試みるも、インクが出なくなったペンしか捨てられませんでした。
今回は、それを円満に解決する方法を見つけたので、実践してみました。

☆ランキングに参加中です。
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
応援ありがとうございます♪

以前、文房具の断捨離を試みたという話はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓
文房具を全出しするも、断捨離は進まず

その方法とは?
ズバリ、“寄付をする”です。

なんだ、そんなことか。
なんてガッカリしないでお付き合い下さい。

今回、文房具を寄付したのは 特定非営利活動法人 SB.Heart Stationという団体です。
YouTubeのパナソニック公式チャンネルでも紹介されています。

こちら宛てに元払いでおくります。
送ったものの内容はこちら。

・消しゴム3個
・小さいノート5冊
・鉛筆、ボールペンたくさん

かかった送料は、日本郵便のレターパックプラスを利用して510円でした。
ちなみに、厚さが3㎝以内だとレターパックライト(360円)で済みます。
レターパックは送料は全国一律で、よしの調べでは1番安いです。

一瞬、「この送料ぶんのお金を寄付した方がいいんじゃないのか?」
なんてことも思いましたが、「これで私の罪悪感が帳消しになるんだから送ろうぜ」
と、脳内会議の末に“送る”という結論がでました。
どうか、お役にたてますように。

文房具の他にも、子供用の靴なども受け付けておられるようです。(たぶんメインはこちら)
今まで、まだキレイな靴でもサイズが小さくなったら捨てていました。
我が子のお気に入りだった靴も、ゴミとして捨てなくてもいいのです。
また誰かに履いてもらえるとしたら、なんてステキなんでしょう。

あいにく、我が家には最近断捨離したばかりで、誰も履かなくなった子供の靴がないので、末っ子がもう少し大きくなったら寄付できると思います。
その日まで、楽しみに待つことにしましょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル