ホーム掃除・洗濯 ≫ やってはいけない、鍋の焦げ付きを取る方法とは?

やってはいけない、鍋の焦げ付きを取る方法とは?


この、天ぷら鍋の焦げ付き。(外側です)

どうにかしたい!

そう思って、まず頭に浮かんだのはアレでした。

☆ランキングに参加中です。
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
応援ありがとうございます♪

それは、サンポールです。

まあトイレ用の洗剤なのですが、よしのは“サンポールでいろんな所を掃除してみる”という実験をしておりまして。

その時の様子はこちらからどうぞ。
↓ ↓ ↓
家事えもん式でサビ移りの除去に効果があるのか実験してみました

風呂場の頑固な汚れに!サンポールvsカビキラーの意外な結果とは?

サンポールで禁断の金属部分に挑む

では、サンポールで鍋の焦げ付きは取れたのか?
順を追って説明します。

まず、鍋にサンポールを少量たらします。(鍋はステンレス製)


そして、歯ブラシで軽く擦ると…

スルスルっと、溶けるようにとれました!

でも、強く焦げ付いたところはとれないので、サンポールを塗ってからキッチンペーパーとラップでパックしてみました。


10分ほど置いてから、再び歯ブラシや割り箸で擦ってみました。

↓ ↓ ↓

うーん…
やはり、強く焦げ付いたところは残っています。

で結局、最後はクリームクレンザーに頼りました。
スポンジでは研磨剤の粒子が効かないので、ゴム手袋で擦ります。


さらに、しつこい汚れはカッターで少しずつ削ります。


クレンザーを洗い流すと、このような結果に。


ここまでかかった時間は、約1時間。
やはり、サンポールは金属に使ってはいけないですね。
焦げは取れたものの、ところどころ白っぽく曇ってしまいました。

ということで、この方法はあまりおすすめしません。

でも、始めの焦げ焦げ鍋に比べたら、少し曇ったくらい許せてしまいます。 

そんなこんなで、晩ごはんをたべはじめたのは8時半をすぎ、子供たちの上靴をまだ洗っていません。
私、なにやってんだ?
これから洗っても、コタツの中に放り込んでおけば乾くから、まあいいか。

ところで、せっかくキレイにしたこの天ぷら鍋、もう使いたくないかも(^^;)

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル