ホーム捨てました ≫ 急にオンになるスイッチ(断捨離編)捨てたモノの画像あり

急にオンになるスイッチ(断捨離編)捨てたモノの画像あり


今日は、昨日の掃除スイッチに続いて片付けスイッチも入ってしまいました。
急だったもので、これまたビフォーの写真撮影を忘れてしまいましたが、捨てたモノの画像はありますよ。

☆ランキングに参加中です。
ポチッと押してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
応援ありがとうございます♪

昨日、入浴中に急にスイッチが入った話はこちらです。
↓ ↓ ↓
急にオンになるスイッチ(掃除編)家事えもん式のビフォーアフター画像あります


片付け・掃除スイッチが入るのは、いつも急にです。
それはまるで便意のようで、その機会を逃すと、次はいつスイッチが入るのかはわかりません。
そして、機会を逃し続けると便秘になってしまうように、ずっと片付け・掃除をしなくなってしまいます。

だからスイッチが入ったなら、すかさず
そのチャンスを生かすべきなのだと思います。

チャンスを生かし続けると、便秘が解消されて快便になるように、片付け・掃除が習慣になっていくのでしょう。

そんなわけで、今回のチャンスを生かした結果がこちらです。

40リットルのゴミ箱2つ分の可燃ゴミと、段ボールなどの紙類です。

段ボール箱はいつか何かを送る時のためにとってあったものや、中身を処分したために空になったものをつぶしてまとめました。

その他の紙ゴミは、いつか何かをいれてしまおうと思ってとってあった、お菓子などの箱をつぶしたものや、古本・チラシなどです。

可燃ゴミの中身は、押し入れ天袋を整理して出てきたものたち。
・古びたバッグ、帽子などの小物類
・着てみて、しっくりこない服
・古い写真、ネガ
・昔の手帳
・携帯電話の請求明細書などの書類
などです。

こうして文字にして見かえすと、本当に来るかどうかわからない“いつか”のために、とってある物の多いこと。

“いつか”のために“今”が圧迫されているのは、健全ではないことに気づかされました。

また日をあらためて同じ場所を整理すると、不思議といらないものが出てくるのですが、それでもいいのです。
こんまりさんのようにできなくても。

何度でも繰り返し捨てていくことで、やがて必要な物だけに囲まれて暮らすことができる。
その日を夢見て、今日もまた捨て続けよう。

その前に、自分でスイッチを入れられるようにならないと(汗)

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 片付け母さんのブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル